便秘 薬

試して即効!ツラい便秘にはコレが一番!

前々から便秘がちだったのですが、それがここ最近酷くてお腹がパンパンに張ってしまっています。お腹まわりが重いし、時々ものすごく痛くなります。何とか出したくて薬局で薬を買ってきて試してみましたが、それでもスッキリしません。

そのこともあり、私のように薬が効かない場合どうしたらいいんだろう…と悩んでいました。そのことを友人と話している時に何となく相談してみると、実はその友人も私と同じように便秘に悩んでいたみたいで、熱心に聞いてくれました。

そしてその子が便秘のために買っているというコレを勧められて、何でも彼女はそれで便秘が治ったらしいんです!それならと思い、私も早速試してみることに!

すると試した次の日の朝から早速効果が!今までいくら力んでも出なかった便が、スルッと何の苦労もなく出たんです!こんなに効くと思っていなかったので、本当に嬉しくて、思わず友人に電話で報告したほどです!笑

それからも毎日続けているので、今でも毎朝快適で、お腹の張りや痛みに悩むこともなくなりました。これを教えてくれた友人には感謝してもしきれません。

高齢者は便秘になりやすい!その理由とは?

高齢者って何で便秘になりやすいのでしょうか?便秘って水分不足してたり食物繊維が不足してたりするとなると思ってたんだけど・・・という方もいらっしゃるかも知れませんね。そのことについて説明していきたいと思います。

まず、便秘には種類があるって知ってますか?というところからいくべきですかね。便秘にはまず、急性のものと慢性のものがあってですね、普段便秘が治らないっていうのは慢性の便秘なんですよ。急性っていうのは旅行先とかで便秘とかです。帰ってくるとなおるでしょう。

それで、その慢性の中にもいくつか種類があってその便秘になりやすいのが高齢者というわけです。弛緩性便秘といわれるものになる方が多いです。痙攣性のものとかはストレスが原因でなるので高齢者という事はあまり関係ありません。

弛緩性も高齢者限定というわけではないのですけどね。ただ、年を重ねていくといろいろと鈍くなってきますよね。腸も同じように動きが鈍くなってしまうのです。そのため、便が排出されるまでに時間がかかりすぎて腸に水分を吸収されすぎて便が固くなってしまうのです。そのため便を排泄しにくくなるというわけです。

しかし、これは高齢者限定ではありません。腸が弱ることはあるのです。ですから、高齢者でなくても腸が弱ってしまっていて、動きが鈍くなっていると便秘になったりするのです。

腸が弱るのは仕方ないですが、排便するための力を維持する努力はしておいたほうがいいでしょう。高齢になってくるとだんだんと全身の筋肉が衰えてきます。排便するにはそれなりに力もいるでしょう。腹筋が弱くなりすぎないように少し努力するようにしましょう。

それに高齢になってくるといろんな病気の可能性も考えれられます。薬を飲んでいればそれが原因で便が出にくいこともあるのです。何か薬を使用している場合は下剤を使用して排便するのはさけましょう。

高齢になってからの便秘は病気の可能性も十分あり得ます。病院で相談するようにしましょう。

アロエでお通じ改善!他にもいろんな効果が!

アロエを食べてお通じを改善しちゃいましょう。アロエにはいろんな効果があることは知っているのではないでしょか?このお話は便秘を改善するのにアロエを食べようって話です。その時の注意点も含め説明していこうと思います。

傷口に塗ったり、やけどしたところに塗ったりと何にでも使えるアロエですが、お通じの改善にも効果があるって知ってましたか?アロエに含まれるアセマンナンといわれる成分は消化されずに腸まで届くためお通じ改善に効果があるのです。アロエだけで食べるというイメージはないと思います。そうですねー食べるとしたらアロエヨーグルトでしょうか?私にはそれくらいしか思いつかないですね。アロエとヨーグルト同時に摂取できるなんてすばらしいじゃないですか?便秘改善に良いとされる乳酸気も摂取できますよ。まあ、でもヨーグルトに含まれる乳酸菌は熱に弱いので腸に届くまでにほとんど死滅しちゃうんですけどねえ。

問題は死滅しちゃう乳酸菌のほうではないのです。むしろアロエですね。お通じ改善には効果があるのでいいのですが、食べ過ぎるとよくありません。アロエヨーグルトに入ってるアロエがどの部分使ってるのかはよく知りませんが、アロエの皮の部分にはアロインという成分があり、けっこう作用があります。この部分は食べる量に注意しないと、腹痛や下痢を起こしたりしますので注意してください。

妊娠中の方は特に注意してください。食べ過ぎると胎盤内出血をする可能性もあります。食べる前にお医者さんに聞いておいたほうがいいでしょう。

食べ過ぎるとよくないという事を知って置いたうえで適量を摂取するようにしましょう。アロエにはいろんな効果があるのでぜひ活用してみてください。

便秘で眠気が?あなたは大丈夫でしょうか?

便秘で眠気といわれても、あまりしっくりこないかもしれませんね。便秘で眠気ってどういう事なんでしょうか?という人も多いのではないでしょうか?そんなあなたのために説明しておきたいと思います。

少し遠回しになりますが、まずは便秘になるのはどんな原因があるのかを考えてみましょう。といいたいのですが、必要なことだけというか、あまり長くならないように行きましょう。便秘になる原因はいろいろあると思います。水分不足、食物繊維の不足とか。

食物繊維が不足するってどういう事でしょうか?食物繊維が含まれているのは主に野菜とかですよね。それが不足しているような食生活ってどうなんでしょう?何を主に食べてるんでしょうか?というのが、便秘で眠気が!って話に繋がってくるんです。

しかし、おそらく、この話を聞くと、それって便秘が原因ってわけじゃないんじゃないって思うかもしれませんが、でも少なからず便秘も関係しているのですから。

それでですね、食物繊維が不足するってことはおそらくご飯とかパンを良く食べているんじゃないですかね?と思うわけですよ。炭水化物ってけっこうおなか張りますし、おなかいっぱいになりますよね。おなかいっぱいになると眠くなりませんか?ということなんですけどね。・・・で炭水化物を主に食べているのなら食物繊維が不足するのもわかるかなーと思いまして、まあ、でも、けっこう野菜食べてるつもりでも不足しがちですからこれに関しては何とも言えませんが。

でも、ずっと便秘でおなかが張った状態だったら、少しつらくってしっかり眠れないなんてことはないでしょうか?下剤を使っている人であればそれに含まれる成分のせいでだるくなったり眠くなったりすることもあります。最近何か眠いなーとか思ってないですか。下剤を使ってる場合はそれが原因の可能性もありますが、食生活も十分関係しています。

食生活を見直すことによって下剤を使わなくってすむようになるかもしれないですし、炭水化物を減らして野菜を多く食べれば食物繊維もしっかり摂取できます。できれば食生活や普段の生活の仕方を見直すことによって便秘の改善を目指しましょう。

下剤を使い続けているとそれなしでは排便できなくなってしまうかもしれませんので注意しましょう。

納豆は便秘改善に最適!でも必ず効くとは限らない?

納豆は便秘解消に最適?何が最適なのか、必ず効くわけじゃないってどういう事?という方もいらっしゃると思います。今からそのことについて説明していこうと思います。

なぜ、納豆は便秘解消に最適なのか、という事ですが、それは納豆に水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維の両方が含まれているからです。水溶性の食物繊維は水に溶けてしまうので便の量を増やして刺激を与えるというわけではありませんが不溶性のものよりも早く運搬されるため腸の動きが早まるためお通じを改善しやすくなります。

そして、不溶性の食物繊維で便の量を増やすことができるので便を排泄しやすくすることもできます。ですから、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維を両方含んでいる納豆は便秘改善に最適といえるのです。

それに納豆に含まれる納豆菌はヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌とちがい熱に弱いわけではないのでしっかり腸まで運搬されます。納豆菌には整腸効果がありますので便秘改善に役立つでしょう。

しかし、納豆を食べる事が必ず便秘改善につながるというわけではないのです。それは便秘の種類に関係しています。便秘といっていますが、いくつか種類があるのを知っているでしょうか?

便秘はもちろん食物繊維の不足などが原因でおこることもありますがストレスなどが原因で起こる便秘というものもあるのです。このストレスが原因で起こる便秘というのが痙攣性のもので不溶性の商持つ繊維をとると逆に便秘がひどくなったりすることもあります。

ですから、いくら納豆に不溶性と水溶性の食物繊維の両方が含まれていようと、便秘の原因が食物繊維の不足とかではなく、ストレスであった場合は、納豆を食べても便秘は改善されないという事です。ですから注意してください。

便秘の原因をしっかり特定して、それをもとに食物繊維を摂取したほうがいいのかどうかを判断するようにしてください。間違った対処法をするとさらに便秘がひどくなることもありますので。

便秘がもとでむくみに!その解消方法とは?

便秘が原因でむくみに!っていう事があるって知ってました?実際便秘が原因でむくんだりするんですよ。なぜそうなるのでしょうか?説明していきたいと思います。

まずですね、便秘がどういう状態かが分かればむくむ理由もわかってきます。便秘というのは便が出にくいあるいはでてない状態ですよね。宿便って言葉もあるんですけどこれは便秘とは少し違ってですね。宿便ていうのは便が出ていくときに腸の中に残っていて長い間出ていないものをいうので別に便秘というわけではないのです。でもそう言われると便秘ででないわけだから宿便みたいなもんなんじゃないのーなんて思ったりすると思います。腸の中に残っているという点では同じですけどね。まあそういう話は置いといてですね。

便秘でなぜむくむのか、これは腸の中に便が残っているのでおなかが張りますよね。なぜおなかが張るのかというとそれだけガスがたまってたり便がたまってたりするわけですよね。だからそのたまって便が周りを圧迫しちゃうんですよ。静脈とかリンパ管とかをね。

血液の流れも悪くなっちゃうんでむくんできちゃうんです。この場合おもに股関節付近が圧迫されますのでそのあたりがむくんできたりします。しかし、心配ご無用。

原因が便秘だー!とはっきりしているのであれば、むくみの解消の仕方も簡単でしょ!便秘を改善すればいいんですよ。まずは、便秘の原因を考えて、原因が特定できたらそれに対処していくというわけです。

水分不足が原因なら不足しないように水分をとり、食物繊維が不足しているかなーと思ったら食物繊維を摂取して、運動不足かなと思えば適度に運動をして、ストレスが原因ならストレスを解消すればいいのです。

ただ、便秘とか便が出にくいっていうのは必ずこういった普段の生活が原因だとは限らないんですよね。何か腸の病気が原因で便秘になっていたりすることもあるので注意してください。

便秘の原因って何?どうすればいいの?

便秘の原因、それって何だと思いますか?あなたもある程度分かっているとは思いますが、原因と対処法について説明していきたいと思います。対処法というか、まあ原因が分かれば対処の仕方もわかると思いますけどね。

では、便秘になる原因には、なにがあるでしょうか?そうですねーまずは、水分の不足ですかね。しっかり水分とれてますか?水分不足を防ぐにはこれから水分が減るあるいはこれから当分水分をとらないだろうという時に水分をとると水分不足を防げると思います。

具体的には、そうですねー、朝起きた時ですね、これはわかると思います。寝てる間は水分とれないですからね。夏は特にっとおもうかもしれませんけど、実は夏はそうでもないんですよね。夏は暑いんでしっかり水分とってますよね。冷房かかった部屋にいるとあまりとらないかもしれないですけど。・・・そうなんですよ。暑い時より寒い時のほうが水分ってとらないんです。夏は暑くて自然とのどが渇くので水分をとるのですが冬ってそんなにのど渇かないですし暑くもないですよね。だから水分が不足しがちになってしまうんです。少し話それちゃったような気がしますが。

で、水を飲むタイミングですがほかにお風呂入る前とか上がった後、寝る前とかに水分を補給するようにすると水分不足を防げるのではないでしょうか。これが水分不足の対処法です。

そして次に食物繊維の不足ですね。これも便秘の原因になります。食物繊維を多く含むものを食べてくださいとしか言えませんね。こんにゃくとか、おから、まあ、あとやさいですかね。水分と一緒にとるといいと思いますよ。

次に、筋力の低下ですね。運動不足になるという事は運動をしていないので筋力も自然と落ちてきます。腹筋が弱くなると便を押し出す力が弱くなってしまい便秘になる原因となってしまいますので、最低でも筋力は維持する程度の運動をしておきましょう。

そしておもなものとしてはこれで最後にしておきますがストレスです。ストレスが原因で自律神経に影響が出て腸の動きが悪くなったりします。ストレス解消をすると便秘解消につながるでしょう。運動することでストレス解消になったりするのではないでしょうか。

このように、それぞれ原因が分かれば対処法も自然とわかってくるものです。少しずつ便秘改善を目指していきましょうね。

おからでお通じが良くなる!食物繊維の摂取

便秘が治らない?食物繊維ちゃんととってる?っていうことで、おからを食べておつうじをよくしちゃいましょーう!なぜおから?なんて方もいらっしゃるでしょうから今から説明していきます。

まず、なぜおからか、それはおからには食物繊維が多く含まれているからなのだー。水分を除くとおからの半分は食物繊維なんだって知ってましたか?おからに含まれている大豆タンパク質が血中のコレステロールを減少してくれたりします。いいねー、血液サラサラになるんじゃないの。とこんなふうに便秘解消に役立つもの以外にもいい効果があったりするのですよー。

おからに含まれる食物繊維は不溶性のものなので水に溶ける事がないのです。食物繊維が腸の中のごみをからめ取ってくれるというわけですね。それにおからの半分くらいが食物繊維だという事は自分がおからを食べた時にどれくらいが食物繊維かよくわかるじゃないですか。いや、実際はよくわかんないですけどね。水分を除いたうちの半分以上って言い方をしてるってことはおからにはそれなりに水分が含まれているという事でもあるのですよ。

簡単な話おから食べて、水飲んで、かる~く運動してたら、あら不思議、便秘治ってるじゃないの!ってことですよねー。そんなに簡単にいけば誰も便秘に悩まない。いくらしっかり食物繊維をとっても便秘の原因がそれとかんけいなかったらなおるはずがないんだよね。腕の骨が折れてるのに足の骨確認しても仕方ないのと同じですよ。たとえがこんなので申し訳ないですけど。便秘の話でいったほうがわかりやすいですかね。ストレスが原因で便秘になってるのにいくら食物繊維を摂取してもストレスを解消しないと根本的な解決にはならないという事ですよ。

便秘になる原因はさまざまなんですよ。原因を特定しないまま改善するなんてことはまず無理だと思ったほうがいいでしょう。偶然、やったことが原因と直接関係していれば解決できるかもしれませんけどね。

おからを食べて解消できるのは食物繊維が不足しているんじゃないかなーと思われる人が基本です。病気で便秘になっている人もいますからね。・・・そうですよ、病気が原因の可能性もないわけではないのです。あまり便秘が続くなら少し病院に行ってみてはどうでしょうか。

便秘の人にコーヒーはよくないっていうけどそれはなぜ?

コーヒーは便秘の人にはよくないっていいますよね。それは果たして本当なのでしょうか。コーヒーを飲んだら便秘じゃなくなってるとか、コーヒー飲んだら便が出たなんてこともあるかも知れませんね。

まず、なぜコーヒー画便秘の人によくないと言われているかについてですけど、それはですね、コーヒーには利尿作用があるんですよ。おしっこしたくなっちゃうんですよね。それの何がいけないんだ!・・・いやいや、それ自体は別に悪くはないんですよ。しかしよく考えてくださいよ。便秘になる原因ってなんですか?食物繊維の不足とか水分の不足とか、ストレス、運動不足とかですよね。

利尿作用があるという事は体から水分を出しちゃってるわけですよ?水分をコーヒーでしかとらないなんて人はまあ、あまりいないとは思いますが、便秘になっている人って水分が足りてないこともありますよね。そういった人がコーヒー飲んでただでさえ不足している水分を出しちゃうってのは便秘を改善するどころかその玉なんじゃないのってことです。まあ、コーヒーにも水分はありますから何とも言えないといえば何とも言えないんですけどね。

でも、中にはコーヒー飲んだほうがお通じがいいんですけど・・・という方もいらっしゃいます。あのーまあコーヒー飲んだらお通じがいいならそれでいいとは思いますが、下痢になってないですかね?

普段あまり、コーヒーを飲まない場合は、たまに飲むと刺激になって腸が活発に動いて便を排出しやすくなるという事もあったりします。あと、体質的にコーヒーを飲むとおなかが緩くなるっていうんですかね、少し下痢みたいな感じになったりします。

コーヒー飲んで刺激になってるならいいですけど下痢みたいになってでてる人は便秘が改善してるとは限りませんよ?まあ、コーヒーは飲みすぎなければ体に悪いという事はあまりないでしょうから、下剤なんかを使って出すよりかはいいと思いますけど。一応気にはしといてくださいね。

乳酸菌摂取でお通じが!それって本当なのか?

乳酸菌を摂取することで便が出やすくなるってよく聞くよねえ?それって本当なのかい?じゃあ毎日ヨーグルト飲んだら便秘解消されちゃうの?やったー!・・・そんなはなしではありませんよ。乳酸菌って熱に弱いって知ってますよね。本当にちょうまでとどくんでしょうかね。そういった話をしようと思います。

確かに乳酸菌を摂取すると善玉菌が増えて便秘が解消される、このことにまちがいはないでしょう。しかーし!腸まで届かなければ意味がない。そうは思いませんか?乳酸菌って実は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌っていうのがあるって知ってましたか?

ヨーグルトに含まれているのは動物性乳酸菌のほうでこれが熱に弱い・・・というより良い環境じゃないとなかなか生きてられないんですよね。だからヨーグルトとしてその中にいるときは元気なんですけど食べて腸に届くまでにほどんど死滅しちゃうんです。だから毎日ちょっと食べたくらいじゃあまり効果は得られないと考えるべきでしょう。

下手な鉄砲もなんとやらで、たくさん食べたら少しは生き残るでしょうけど。毎日大量に食べるのはつらくはないですか?そこで動物乳酸菌ではなく章句物乳酸菌をとるようにすればいいのです。

植物乳酸菌は動物乳酸菌と違い環境が変わってもそう簡単には死滅しません。便秘を改善するために乳酸菌を摂取するなら動物性のものよりも植物性のもののほうが効果的であると言えるでしょう。

植物性の乳酸菌は味噌とキムチに含まれてます。・・・こっちのほうが効果的って聞いたからって、大量に食べるのはやめてね。逆に下痢とか起こされても困りますので。何でも適量が一番なんですから。

乳酸菌が便秘に良いというのは嘘ではないでしょう。しかし動物性のものは環境の変化に耐えられない可能性が高いので摂取するなら動物性のものよりも植物性のものがよいでしょう。

便秘が女性に多い理由とその解消法!

女性に便秘が多いのはなぜなんでしょうか?知ってるでしょうか?今からなぜ女性は便秘になりやすいのかその理由と便秘の解消法を説明していきたいと思います。

なぜ、女性の方は便秘になりやすいのか、あるいは女性には便秘の人が多いのか、その理由としていくつか考えられることがあります。一つはホルモンの関係です。生理前などには女性ホルモンの黄体ホルモンといわれるものが多く分泌されます。それが原因で便秘になることもあります。

ほかには、そうですね・・・トイレに行きたくなった時、便が出そうだな―てなった時にきちんといけてますか?がまんしてないですかね?尿意も便意も我慢するとよくないんですよ。とは言ってはみたものの、人と話しているときとかトイレに行きたくなったらすぐに行けなかったりしますよね。便意があるのに我慢してるとですね。だんだん感覚が鈍ってくるんですよね。たとえば、いままでは1という大きさの刺激でよかったのに普段我慢してたせいで3くらいの刺激じゃないと便意が感じられなくなってしまうんですよ。結果数字だけ見ても3倍、日数にした時に3倍って、今まで毎日出てたとしても3日に一回しか出ないってことですよね。まあ、こんなにはっきり変化するかどうかはわかりませんが便意があったにもかかわらず、我慢していればこうなってしまうという事ですので、できるだけ便意を感じた時に出すようにしましょう。

あと、ダイエットですね。これも便秘の原因です。まあ、まったく食べていなければもとから出る物も出ませんから関係ないんでしょうけどね。ある程度食べているのにあまりでなくなったって場合は少し考えてみてください。便は毎日決まった時間にでていましたか?腸がある程度たまったら便を出していたとするならばダイエットして食べる量が減っているとき、ある程度たまるのにも時間がかかります。それで数日に一回しか出なくなっているという事も考えられます。まあダイエットする時って野菜とか水分とかきちんと取ってますかね。水分不足してたりすると便秘になりやすいですよ。

もうひとつあるんですが、それはストレスです。ストレスで便秘になることもありますので気をつけてください。ダイエットしてる時も知らないうちにストレス溜まってたりするので、便秘になりやすかったりするのです。ほかにも、妊娠中は便秘になりやすかったりします。

このように、女性には便秘になる原因が多いため、便秘の人が多いと言えるでしょう。生理的なものは仕方ありませんが、原因を取り除けるものはできるだけ取り除くようにするとよいでしょう。あと運動不足にも注意してくださいね。筋肉が弱まると便が出にくくなったりしますから。

これらを改善する方法はもうお分かりかと思います。生理に関係するものは無理だとしても、トイレを我慢しないとか、ダイエットに注意とかそういうことですよね。対処できるものを対処しておくだけでも便秘になりにくくなるので一度考えてみてください。